辛い鼻づまりを防ぐには原因対策が大切|体質改善するのが効果的

病院

聴覚や臭覚等の違和感対処

医者

新宿区内の耳鼻科には、駅周辺にある交通の便が良いところや、夜間や土日でも診察を受けられるクリニック等もあります。耳や鼻等に違和感が現れた場合には、できるだけ速やかに耳鼻科を受診するようにすれば、それらの症状を改善させることができます。

もっと読む

風邪を引いたら

看護師

耳鼻咽喉科でも風邪の症状のときには診てもらえ、更に患部に直接処置をしてもらえますので症状を早く治せることもあります。新宿であれば耳鼻咽喉科は多くあるので、風邪の症状が出た始めた時には仕事帰りなどに立ち寄り診察してもらえば、忙しい社会人にはとても助かるはずです。

もっと読む

鼻づまりを防ぎたい

男性

原因対策が大切となる

風邪や花粉症をはじめとするアレルギー症状のひとつとして悩ましいものに鼻づまりがあげられます。文字通り鼻がつまってしまい、呼吸が苦しく、不快な状態を指します。病院に行かなくても対策用の市販薬などは簡単に購入できますが、あまり効かないと感じている人も多いかもしれません。最近は、鼻の上の部分に絆創膏タイプのシートを貼り、鼻腔を広げ、呼吸を楽にするような商品を利用している人も多いそうです。しかし、それは仕事や学校に行く際にはやはり恥ずかしいでしょうし、心象を悪くしかねません。そこで、対策としては鼻づまりそのものを治すというより、その原因を取り除くことのほうが有効です。風邪をひかないように予防したり、花粉症であるならそのシーズンが到来する前からマスクをするなどして症状が出ないようにすることが大切となります。

頭もぼーっとしてしまう

くしゃみや咳などと異なり、鼻づまりは風邪などの感染を広げるものではないため、深刻な症状だとはあまりとらえられていません。花粉症などの際にも、鼻水が止まらなくなるよりは良いと考えている人も多いかもしれません。しかし、就寝時に鼻がつまっていたりすると、睡眠にも支障をきたします。寝返りをうつなどその場しのぎの対策をとっても、毎日続くと睡眠不足にもなりかねません。また、昼間でも鼻づまりの症状がひどいと、睡眠不足でなくても頭がぼーっとしたり、きちんとした思考を育めないということもあり得ます。仕事をしていたり、学校に行っている人である場合、これはとても深刻でつらい状態だと言えるでしょう。鼻づまりを予防するためには、やはり免疫力を上げて、アレルギー体質や風邪にならないようにすることが肝心です。

使って機種を選ぶ

女の人

補聴器は聴力を矯正してくれますが、お店などで試し使いをするのでは足りない場合があります。レンタルであれば、一定期間利用することが出来、外や自宅での使用感がわかります。また、複数機種をいろいろ試しながら使うことが出来ます。

もっと読む